ご利用規約

【利用規約/サイトのご利用にあたって】

株式会社アイミックス・カウンシル(以下、甲といいます)は、 甲が運営するJOIN(ジョイン)(以下、本サービスといいます)を提供し、利用者(以下、乙といいます)は 本サービスの利用をするため、本規約の内容について合意し、互いにこれを遵守履行することを誓約するものとします。

第 1 条 (目的)

本規約は、甲が乙に対し各種情報を提供し、乙が様々なコミュニケーションを図ることができる電子環境を提供するために、 甲がクラウド型のネットワークサービス(以下、SNSという)を運営し、乙の便益に資することを目的とします。

第 2 条 (情報提供と電子メール送信の承諾)

甲は乙に対し、本サービスを通じて様々な情報や利用者同士でコミュニケーションを図る各種機能を提供するものとします。
また、本規約に基づき甲からの情報を、本サービスでの掲示や電子メールの送信などで通知できるものとし、 利用者はこれをあらかじめ承諾するものとします。

第 3 条 (課金)

本サービスの登録および基本的な使用については無償で提供します。
但し、今後においては、有料コンテンツ提供の可能性もあります。その際は、別途お知らせ致します。

第 4 条 (規約の適用)

乙は本規約に同意した上で、本規約の定めに従って本サービスを利用できるものとします。
本サービスの利用および本サービスのサポート範囲は日本国内のみとし、その他条件については別途甲が指定するところによるものとします。
本規約は、本サービスに関する甲と乙との間における一切の関係について適用されるものとします。
甲が本サービスにおいて随時告知する諸規則は、本規約の一部を構成するものとします。
乙が本サービスを利用するには、本規約のほか、関係する諸規則のすべてに同意していただく必要があります。
なお、本規約と個別規則が抵触する場合は、個別規則が優先するものとします。
乙が本規約に定めた方法で登録手続を行った時点をもって、甲は本規約のほか、関係する諸規則のすべてに同意したものとみなします。

第 5 条 (規約の変更等)

甲は本サービスの内容の全部または一部を変更、追加または廃止する場合があり、乙はこれを予め承諾するものとします。
甲は3日以上の予告期間をおいて本サービスを通じて変更後の本規約および諸規則の内容を乙に通知することにより、いつでも変更することができるものとし、 当該予告期間経過後は変更後の本規約および諸規則が適用されるものとします。
甲が前項の予告期間を経て本規約および諸規則の変更を行った以後に、乙が本契約の解約手続を行わず本サービスの利用を継続した場合は、乙は変更された本規約および諸規則に同意したものとみなします。

第 6 条 (利用の準備)

本サービスを利用するにあたって必要なスマートフォンもしくはコンピュータ端末等の機器およびインターネット接続に必要な通信費等は、乙の負担で調達することを前提とします。
乙は、自己の利用環境に応じたコンピューターウィルスの感染防止や不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を、自己の責任において講じるものとします。
甲は乙の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第 7 条 (契約の成立)

本サービスの利用を希望する申込者は、本規約の内容に承諾の上、本サービスの登録手続ページより申込に必要な情報を送信するものとします。
前項の申込手続を行い、甲により承認を受けることにより、申込者は本サービスの利用ができるようになります。この申込者の申込手続を甲が承認した日をもって本契約の開始日とします。

第 8 条 (お申込の拒絶)

甲は、申込者が次の各号の事由に該当すると判断した場合には、本サービス利用のお申込を承諾しないことがあります。
(1) 申込者が13歳未満の場合は本サービスへの登録および利用を禁止とします。
(2) お申込の際に虚偽の申告をされたことが判明したとき(申告されたメールアドレス宛に甲から送信した電子メール等が届かなかったときを含む)。
(3) 申込者が甲もしくは本サービス上のコンテンツ提供者の営業妨害をし、もしくはそのおそれがあるとき。
(4) 申込者について、本規約に違反する事由に該当することが想定されるとき、あるいは本規約を遵守しないことが予測されるとき。
(5) 前各号のほか、甲の業務遂行に支障のあるおそれがあるとき、その他、甲が不適当と判断したとき。

第 9 条 (契約期間)

本サービスの契約期間は、契約開始日より1年間とします。
契約は甲乙どちらかが解約申し出の通知をしない限り、1年間の自動延長とします。その翌年以降についても同様とします。

第 10 条 (解約)

乙は、いつでも自由に本契約を解約し、本サービスの利用を終了することができます。解約をするには一切の費用はかかりません。
解約をするには、本サービスの解約手続のページに記載された方法に基づいて乙が手続を行うものとします。
本契約を解約した場合は、乙が本サービスの利用を通じて作成した交信記録、ログ、メール等のデータは全て削除されます。 このデータ削除について、甲は一切の責任を負いません。なお、乙が本契約を解約した後に、再度本サービスの登録を行った場合でも、削除されたデータを復旧することはできません。

第 11 条 (サービスの仕様変更)

甲は本サービスについて、後継サービスへの移行、名称変更、システム仕様の変更を含む仕様変更を行う場合があります。
甲は前項の仕様変更を行う際には、本サービスへの掲示など甲が適当と判断する方法によりその旨を通知しますが、仕様変更の作業については公表しない場合があります。

第 12 条 (サービスの廃止)

甲は、本サービスを廃止する場合があります。
本サービスの一部または全部を廃止する場合は、原則として廃止する90日前までにその旨を通知するものとします。
甲は、本サービスの廃止によって生じた乙の損害につき、一切の責任を負わないものとします。

第 13 条 (サービス提供の停止)

以下のいずれかに該当する場合、甲は本サービスの提供を停止できるものとします。
(1)乙が本規約もしくは諸規則のいずれかの規定に違反した場合。
(2)甲が本サービスの運営上、サービス停止をするのが適切と判断した場合。
前項の事由によるサービス停止により乙もしくは第三者に損害が生じたとしても、甲は責任を負うものではありません。

第 14 条 (サービス提供の中断)

甲は以下のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとします。
(1)設備の保守上または工事により止むを得ない場合。
(2)設備に止むを得ない障害が発生した場合。
(3)第一種通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより、本サービスの提供ができなくなる場合。
甲は前項による中断が生じる場合には、事前に本サービスを通じて告知するものとします。但し、緊急の中断の場合にはこの限りではありません。
第1項により本サービスが中断となった場合には、本事由によるサービス中断により乙もしくは第三者に損害が生じたとしても、甲は責任を負うものではありません。

第 15 条 (本サービス利用上の注意)

乙は、国内法令および本規約および諸規則の条件を遵守して、本サービスを誠実に利用するものとします。
乙は、本サービスを通じて発信する情報について一切の責任を負うものとし、甲および他のコンテンツ提供者に何等の迷惑や損害を与えないものとします。
本サービスの利用に関連し、乙が他の利用者、もしくは第三者に損害を与えた場合(乙が他の利用者、もしくは第三者との間に紛争を生じた場合を含む)、乙は自己の費用と責任でかかる損害を賠償し、またはかかる紛争を解決するものとし、甲に何等の迷惑や損害を与えないものとします。

第 16 条 (著作権等)

乙は著作権等の権利者の承諾を得ず、本サービスを通じて提供された情報を著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲を超えて使用または公開等の利用をすることはできないものとします。
本サービスに含まれるすべてのコンテンツ、文字、グラフィック、ロゴ、ボタンアイコン、画像、ジャケット写真、リソース、オーディオクリップ、デジタル形式でダウンロードされたもの、データに編集を加えたもの、ソフトウエア等は、甲またはコンテンツ提供者の財産であり、著作権によって保護されています。
本サービスの掲示板等で、乙もしくは他の利用者が送信(発信)したコンテンツに対し、乙は以下各号の事項を予め了承するものとします。
(1)乙もしくは他の利用者から提供されたコンテンツに著作権等が発生する場合、当該権利は全て甲に帰属すること。
(2)利用者が送信(発信)したコンテンツを甲の判断で本サービスの情報として、または新聞、雑誌などへの掲載や出版物として発行すること。
(3)乙は本サービスにおける全てのコンテンツにつき著作者人格権を行使しないこと。
乙が本条項の規定に違反して著作権等の知的財産権に関する紛争が生じた場合、乙は自己の費用と責任において、その問題を解決するとともに甲に対して何等の損害を与えないものとします。

第 17 条 (コンテンツの削除)

甲は乙が登録、提供した情報、文章、図画等のコンテンツが以下の各号に該当すると判断した場合には、当該コンテンツを削除することができるものとします。
(1)本サービスの保守管理および適正な運営上、必要である場合。
(2)情報等の容量が甲の機器の所定記憶容量を超過した場合。
(3)情報等の内容が禁止事項にかかわるものである場合。
(4)一定期間以上、経過した場合。
(5)その他、倫理上、社会通念上、甲が不適切と判断した場合。
前項の規定にかかわらず、甲は、情報等の削除義務を負うものではありません。

第 18 条 (禁止事項)

乙は本サービスの利用にあたって、以下各号の行為をしてはならないものとします。乙により、これらの行為がなされたと甲が判断した場合、甲は乙に対し本サービスの登録削除もしくは利用禁止もしくは利用を制限することができるものとします。
(1)パスワード等のサービス利用証を不正に使用する行為。
(2)他の利用者および第三者および甲の財産権、信用、名誉、プライバシー、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
(3)他の利用者及び第三者および甲の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権)を侵害する行為、または侵害のおそれのある行為。
(4)公序良俗に反する行為、犯罪行為、またはそのおそれのある行為。
(5)選挙活動、またはこれに類する行為、その他の政治および宗教に関する行為。
(6)事実に反する情報またはそのおそれのある情報を甲、他の利用者または第三者に提供する行為。
(7)甲の承認なく本サービスを通じて、または本サービスに関連して営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
(8)本サービスの運営を妨げる行為、または誹謗する行為。
(9)甲の営業を妨げる行為、または誹謗する行為。
(10)他の利用者その他の第三者を誹謗・中傷する行為。
(11)第三者に対し有償、無償に関らず、本サービスの再販と思われる行為。
(12)第三者に対し乙の地位の譲渡、名義変更、貸与、担保設定等を行い、または第三者に再利用させる行為。
(13)ウィルス、スパイウェア等の有害なコンピュータプログラム等を送信または掲載する行為や不正アクセス行為。
(14)他者の設備等の利用もしくは運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為。
(15)他者になりすまして本サービスを利用する行為。
(16)法令、条例等に違反する行為。
前項の規定により、違反者が本サービスの利用を禁止されたことにより、違反者または第三者に不利益、損害が生じた場合には、甲は一切の責任を負いません。

第 19 条 (免責事項)

甲は本サービスの内容、および乙が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
甲は本規約および諸規則に明示的に定める場合を除き、甲の責任に帰すべからざる事由から発生した損害、或いは甲の予見の有無にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益、および第三者からの損害賠償請求に基づく乙の損害についてはその責任を負わないものとします。
甲は情報管理には相応の注意をしておりますが、乙はインターネットを介した通信行為等が情報の漏洩等の危険性があることを認識した上で自己の責任のもとに本サービスの利用を行うものとし、本サービスに書き込んだ情報についての通信の秘密は必ずしも保証されないことを予め承諾するものとします。
乙がIDもしくはパスワードの管理を怠り、それにより何らかの損害が生じた際には、甲は一切の責任を負うものではありません。

第 20 条 (障害対応)

甲は本サービスの正常な稼動を保証するために、障害発生に備えて電子メールによる受付窓口を設置します。受付窓口との交信は無償ですが、通信費は発信側の負担となります。但し、甲の受付窓口によるサポートの範囲は本サービスの使用法に限定され、本サービス以外のパソコンやインターネット等のトラブルシューティングには対応するものではありません。

第 21 条 (守秘義務)

甲はサーバーの保守作業上必要な場合等、特に必要のある場合を除き利用者のサーバースペース上の情報を閲覧しないものとします。
甲は乙から得た一切の情報を第三者に開示又は漏洩しないものとします。ただし、乙が事前に承諾した場合には、その承諾の範囲で第三者に開示できるものとし、また、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合には当該処分の定める範囲で、また特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合には、当該開示請求の範囲で、乙の事前の承諾なく第三者に開示できるものとします。

第 22 条 (個人情報等の取扱い)

甲は、個人情報の保護に関する法律その他の法令を遵守し、乙の個人情報およびその他の情報を取得したときは、これらを適正に取り扱うものとします。但し、契約のお申込やその後のお届出によってご申告頂いた情報に第三者の情報が含まれる場合、自己の責任において、当該第三者から本契約に基づく取扱いに関する事前の同意を得ておられるものとみなします。
甲は、乙から取得した個人情報を本サービスを通じた各種サービスの営業案内に使用することがあります。
甲は、法によって認められる場合を除き、あらかじめご本人の同意(本契約によって同意される場合を含みます。)を得ることなく、個人情報を第三者に提供しないものとします。
甲は、本契約および法令に基づき個人情報を第三者に提供するに当たっては、通信の秘密の保護に係る電気通信事業法4条その他の関連規定を遵守するものとします。
甲は、従業者および本サービス運営に関わる委託先に個人情報を取り扱わせるに当たっては、当該個人情報の安全管理が図られるよう、法令に基づき、必要かつ適切な監督を行い、また、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、法令に基づき、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行うものとします。

第 23 条 (CookieおよびWEBビーコンについて)

本サービスではCookieを使用しています。Cookieは、サーバーが閲覧者のウェブプラウザの閲覧履歴を識別する業界標準の技術であり、特定の利用者を識別することはできません。
Cookieは、利用者がサイトを再度訪問した時に、一層便利にサイトを閲覧するためのものであり、閲覧者のプライバシーを侵害するものではなく、また閲覧者のコンピュータへ悪影響を及ぼすことはありません。甲は、サイトの閲覧者から、Cookieに含まれるサイト上での全体傾向や嗜好等の情報を収集することがあります。収集した情報は、甲が傾向を分析し、サービス向上を図るために使用致します。
閲覧者が情報の収集を希望しない場合、ブラウザの設定により、Cookieの受け取りを拒否することも可能です。

第 24 条 (契約違反)

甲または乙が本契約に違反した場合には期限の利益を失い、相手方は違反者に対し催告の上、直ちに本契約を解除することができるものとします。但し、違反内容に関し相手方に正当な事由がある場合はこの限りではありません。
前項により本契約が解除された場合には、違反者は当該違反により生じた相手方の損害を賠償する義務を負うものとします。

第 25 条 (不可抗力)

本契約上の義務を、以下に定める不可抗力に起因して遅滞もしくは不履行となったときは、甲は本契約の違反とせず、その責を負わないものとします。
(1)自然災害
(2)伝染病
(3)戦争及び内乱
(4)革命及び国家の分裂
(5)暴動
(6)火災及び爆発
(7)洪水
(8)ストライキ及び労働争議
(9)政府機関による法改正
(10)その他前各号に準ずる非常事態
前項の事態が発生したときは、甲は直ちに不可抗力の発生の旨を伝え、予想される継続期間を通知しなければなりません。
不可抗力が90日以上継続した場合は、甲は本契約を解除することができます。この場合は損害賠償の責は生じないものとします。

第 26 条 (協議)

本契約に定めのない事項および本契約の規定の解釈について疑義が生じた場合には、
甲乙は、民法その他の法令および慣行に従い、誠意をもって協議し、解決するものとします。

第 27 条 (専属的合意管轄)

本契約につき甲乙に疑義が発生した場合、互いに誠実に話し合い、解決に向けて努力しなければならないものとします。
本契約につき裁判上の争いとなったときは、神戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに乙は合意したものとします。

第 28 条 (準拠法)

本契約は日本法に準拠し、同法によって解釈されるものとします。